株式会社ストレスマネジメント実践研究所は、職場のストレスマネジメントにより、職場の命を守り、働く人たちの幸せな人生と、日本の誇りを支えます。

研修

製造業の価値創造プロセス研修

 

研修の背景

市場のニーズが、“もの”そのものの価値から、“もの”を使って得られる体験価値に変化する中で、
製造業の開発は、QCDの追求に留まらず、顧客が感動する体験価値の創出に進化する必要があります。

 

研修のねらい

① 顧客が感動する体験価値を創出するために、『製造業の価値創造プロセス』を体系的に習得します。

② 新たなビジョンとアイデアを可視化したしたプロトタイプを提案して、新規需要を掘り起こします。

③ 顧客が感動する体験価値の創出を成し遂げて、希望を生み出し、職場のメンタル不調を防止します。

本研修を通じて、受講者は価値発見力と課題解決力を強化します。また、自分一人の力だけの限界を認識して、
上司、職場のメンバー、社外を巻込みながら仕事を進める協働のリーダーシップを身につけます。

 

研修の構成

製造業の価値創造プロセス研修

【※1 潜在的ニーズ・・・あきらめている欲求、伝えきれない欲求、見えていない欲求】
【※2 再デザイン・・・概念を壊して作り直す】

 

研修の概要 【製造業の価値創造プロセス】

ステップ1 目的:傾聴、観察、分析を通じて、考え、感情、ニーズを共感を持って理解する

① 既存の製品・サービスを使用している顧客を傾聴、観察する。
② 傾聴、観察の結果を分析して、潜在的ニーズを共感をもって理解する
③ 顧客になってくれない顧客候補を傾聴、観察する
④ 傾聴、観察の結果を分析して、潜在的ニーズを共感をもって理解する
⑤ 顧客と顧客になってくれない顧客候補の本質的な欲求を探る

ステップ2 目的:顧客が感動する体験価値を創造するために、解決方法を再デザインする

⑥ 慣習、前提、思い込みの限界を疑う視点
⑦ 技術だけでなく、人間中心に考える視点
⑧ 製品・サービスの意味を組み替える視点

ステップ3 目的:アイデアを発想し、新しい製品・サービスを提案する

⑨ オープン・イノベーションのチームを作り、アイデアを発想する
⑩ ビジョンとアイデアを検証するプロトタイプを作る
⑪ ビジョン、アイデア、技術、ビジネスを関連付ける
⑫ 顧客および顧客候補にプロトタイプを提案し、反応を確認する
⑬ 新しい製品・サービスを開発し、顧客および顧客候補に提供する。

 

研修のコース

1日コース 3日コース 13日コース
+宿題
要点
考え方
手法
演習
実践
研修時間
(期間)
8時間
(1日)
24時間
(相談)
104時間
(6ヶ月)
研修費用
(1人分)
4万円
(税別)
12万円
(税別)
52万円
(税別)
人材開発
支援
助成金
活用可能 活用可能

 

過去研修の実績

アンケート結果

受講者のコメント (抜粋)

“人が中心”の
プロジェクトマネジメント
研修
(中企業の課長級)
・人とプロジェクトマネジメントを合わせた観点の研修は
初めてだった。学んだことを現場で実践する。
・リーダーシップの話が一番興味深かった。
・自分を客観視することもできたし、今後活用できそう。
・すぐに取組んだ方がよいことがたくさんあった。
・知らないことが多く大変有意義だった。
・内容が多く、時間が足りなかった。
ポジティブメンタルヘルス・
目標と現状のギャップを
前向きに解決する方法
研修
(大企業の部長級)
・非常に難しいテーマの研修であるにもかかわらず、体系的に
整理されていてたいへん有用な研修だった。
・全体的にディスカッション中心であり、自分の頭で考えるよい機会となった。
・全体のつながりが分かりづらかった。
・さまざまな知識を体系化し、マネジメントにどう活かしていくか
という視点で整理できた。
・活用したいと思う。
・ステークホルダ・マネジメントをあらかじめ考えておくことは重要だと認識した。
職場のストレスマネジメント
研修
(小企業の課長級と主任級)
・職場のストレスマネジメントについて今までより詳しく理解できた。
・時間が足りなかった。ゆっくりお話しを聞きたいと思いました。
・勉強になる部分やこれから実践してみたいことがありました。
・他人の意をくんで、話を聞いてあげられる上司になっていきたいです。
・もう少しじっくり学びたかったです。
・自分自身の振り返りになりました。

 

製造業の価値創造プロセス研修_チラシ_A4
こちらより、研修のパンフレットをダウンロードしていただけます。
ダウンロードする

 

無料相談受付中!!

お気軽にお問い合わせください TEL 050-1275-7703 不在時はメッセージを承ります

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP

ストケンのストはストレスのスト、ストケンのケンは研究所のケンです。ストケン ブログをご愛読いただけたら幸いです。