株式会社ストレスマネジメント実践研究所は、職場のストレスマネジメントにより、職場の命を守り、働く人たちの幸せな人生と、日本の誇りを支えます。
ストケンブログ
  • HOME »
  • ストケンブログ »
  • 職場環境改善

職場環境改善

「オープンイノベーションにおける利益の分配」

オープンイノベーションとは、自社だけでなく他社や大学、地方自治体、社会起業家など異業種、異分野が持つ技術やアイデア、サービス、ノウハウ、データ、知識などを組み合わせ、革新的なビジネスモデル、研究成果、製品開発、サービス開 …

「自社ブランドの製品をつくりたい」

小さな製造業の社長が「自社ブランドの製品をつくりたい」と目を輝かせて話をしてくれました。 つくるだけなら簡単。でも、ユーザーに感動、感激、喜びを提供する製品をつくるのは難しい。難しいからこそ挑戦する意義があります。 この …

「高齢者を雇用する。雇用される。」

中小企業家の皆さんと話(飲み会)をしていると、リアルな社会動向を複数の観点からみることができます。事業継承、M&A、人材不足、ダイバーシティなど真面目な話もお酒が入っていると明るい会話になります。 先週は高齢者 …

「仕事を円滑に進めチーム生産性を向上するマネジメント」

お世話になっている社長さんから、「仕事を円滑に進めチーム生産性を向上するマネジメント」の大切な要素はなんだろう。と問われ、とりあえず10個考えてみました。 ・目標設定 ・目標達成シナリオ ・目標管理 ・原因分析 ・当事者 …

「問題のとらえ方」

問題のとらえ方とその姿勢によって解決すべき課題やその後の行動も変わってきます。ひいては仕事の成果につながります。 問題のとらえ方は、次の2つが大切です。 1.問題を表面的に捉えず、原因を分析すること 2.原因を分析する観 …

「何事も準備が大切ですね」

男子マラソンの世界記録(2時間1分39秒)保持者であるエリウド・キプチョゲ選手(ケニア)がTV番組の中で「”勝つ”ための準備は勝つこと以上に大切です。2時間を切ることは、もちろん可能です。そのために準備をしていますから。 …

「パワハラにも法律規制」

厚生労働省は19日、労働政策審議会(厚労相の諮問機関)の分科会を開き、職場のパワーハラスメント(パワハラ)の防止措置を企業に義務付けるため法整備する方針を示しました。 同じハラスメントでもセクシュアルハラスメント(セクハ …

「その時の環境や状況(Environment)を誰かが良い方向に変える」

社会心理学の父と呼ばれるレヴィンさんの法則が、私は好きです。 B=f(P,E)の法則 人間のある時の行動(Behavior)は、その人の個人特性(Person)とその時の環境や状況(Environment)の関数(fun …

「職業性ストレスモデルの職場ストレッサー」

米国労働安全衛生研究所(NIOSH)が作成した職業性ストレスモデルは、職場のメンタルヘルス研修(特にラインケア研修)の定番です。 職場ストレッサーからストレス反応、それが進んで疾病となるまでに、職場ストレッサー以外の3つ …

「30年前、職場にうつ病とかメンタルヘルス問題はなかった」

所属している異業種交流会の重鎮から以下に対する見解を求められました。 「30年前、職場にうつ病とかメンタルヘルス問題はなかった。何がおかしくなったんだ?」 私なりの持論だと、前置きして話をさせていただきました。 1.経済 …

1 2 3 11 »
PAGETOP

ストケンのストはストレスのスト、ストケンのケンは研究所のケンです。ストケン ブログをご愛読いただけたら幸いです。