株式会社ストレスマネジメント実践研究所は、『厳しい工期でも仕事を円滑に進め、約束した納期を守る現場マネジメント』ができる人材を育成します。
ストケンブログ
  • HOME »
  • ストケンブログ »
  • プロジェクト

プロジェクト

「電通社長『2年以内に労働環境の改革を』どうして2年?」

電通・山本敏博社長の『2年以内に労働環境の改革を成し遂げたい』というニュースを見て、3つのことを思いました。 1.電通の本気 電通は、既に ・22時以降の業務原則禁止・全館消灯(22時~翌5時) ・私事在館禁止 ・月間法 …

「情報通信業>情報サービス>ソフトウェア業が最もメンタルヘルス不調のリスクが高い?」

平成 25 年「労働安全衛生調査(実態調査)」によると、 メンタルヘルス不調により連続1か月以上休業または退職した労働者がいる事業所の 割合が最も多い産業は「情報通信業」でした。 「情報通信業」は28.5%、産業全体の平 …

「ストレス対処として最も有効な対策は、プロジェクトが円滑に進むこと」

『IT業におけるストレス対処への支援』というテキストを見つけました。(厚生労働省・中央労働災害防止協会、平成23年3月) IT業の職場環境改善の取組みやIT技術者自身で取組むセルフケアの手法が紹介されています。 ”はじめ …

「情報通信業のメンタルヘルス対策」

平成 25 年「労働安全衛生調査(実態調査) 」によると、メンタルヘルス不調により連続1か月以上休業または退職した労働者がいる事業所の割合が最も多い産業は「情報通信業」でした。 (平成25年ですが、厚労省の最新データです …

「ストレスチェック集団分析に基づく職場環境改善について」

ストレスチェック制度の集団分析は、仕事のストレス判定図を使うのが一般的です。 ストレスチェック(職業性ストレス簡易調査票)の質問項目の中から健康との関連が認められている 1.仕事の量的負担、2.仕事のコントロール、3.上 …

「既存の『メンタルヘルス対策のための職場環境改善』に学ぶ」

ストレスチェック制度が義務化されて1年が過ぎ、その関心は努力義務の集団分析に基づく職場環境改善にシフトしているように思います。(メンタルヘルス対策に有効なのは、職場環境改善の方ではないのか。いつ頃に義務化になるのだろうか …

「日本人の強みを大切にしたいですね」

日本人の強みは何か。 2015年ラグビーW杯で日本代表に歴史的な勝利をもたらしたエディー・ジョーンズさん曰く、 「信頼」「忠誠心」「努力」です。納得感があります。 エディー・ジョーンズさんは、この3つの強みを活かしたチー …

「働き方改革の制度を補完する人間的側面、業務マネジメント、技術が大切です」

働き方改革には、厚生労働大臣を本部長として設置された「長時間労働削減推進本部」があり、<働き方改革取組事例>を紹介していました。 「会社の目指す「社員の幸せ」のため、長時間労働の抑制、年次有給休暇の取得の促進、人材の確保 …

「『ストレスチェック集団分析にもとづく職場環境改善』が目指すレベル」

「H25年労働安全衛生調査(実態調査)」厚生労働省によると、 過去1年間にメンタルヘルス不調により連続1か月以上休職又は退職した労働者がいる事業所の割合は10.0%(H25年)でした。H24年の8.1%から1.9ポイント …

「精神的な攻撃と過大な要求のパワハラ」

パワーハラスメント対策の研究会に参加しました。 パワーハラスメントには主に6つの行為類型があります。 1.身体的な攻撃(論外) 2.精神的な攻撃(1番目に多い) 3.人間関係からの切り離し(論外) 4.過大な要求(2番目 …

« 1 16 17 18 22 »
PAGETOP

ストケンのストはストレスのスト、ストケンのケンは研究所のケンです。ストケン ブログをご愛読いただけましたら幸いです。