株式会社ストレスマネジメント実践研究所は、プロジェクトのメンタルヘルス不調とパフォーマンス低下の未然防止に貢献します。
ストケンブログ
  • HOME »
  • ストケンブログ »
  • 職場環境改善

職場環境改善

「職業性ストレスモデルの職場ストレッサー」

米国労働安全衛生研究所(NIOSH)が作成した職業性ストレスモデルは、職場のメンタルヘルス研修(特にラインケア研修)の定番です。 職場ストレッサーからストレス反応、それが進んで疾病となるまでに、職場ストレッサー以外の3つ …

「30年前、職場にうつ病とかメンタルヘルス問題はなかった」

所属している異業種交流会の重鎮から以下に対する見解を求められました。 「30年前、職場にうつ病とかメンタルヘルス問題はなかった。何がおかしくなったんだ?」 私なりの持論だと、前置きして話をさせていただきました。 1.経済 …

「組織行動(組織における人間行動)と産業カウンセラーの役割」

組織行動(組織における人間行動)は、経営学修士(MBA)の必須科目です。 私が組織行動(組織における人間行動)に興味を持ったのは、2年前(2016年6月)に名古屋で開催された産業カウンセラーの 新シニア育成講座「グループ …

「組織活性化・推進プロジェクト」

顧問先の社長と組織活性化について議論する中で、「業務改善のコンサルティング」を「組織活性化・推進プロジェクト」に変更しました。 ~企業の業績向上と社員の幸せな関係を築くために~ 【目的】 1.業務プロセスを見直して生産性 …

「健康経営の認定」

健康経営の認定を調べたところ、4件がみつかりました。 ・健康経営銘柄 ・健康経営優良法人認定制度(大規模法人部門) ・健康経営優良法人認定制度(中小規模法人部門) ・横浜健康経営認証 認定基準は、それぞれ少しずつ異なりま …

「健康経営の取組み」

「健康経営」の取組みは、その概念やメリット、具体的な手法等が浸透しておらず、なかなか進んでいないのが現状です。経済産業省:平成28年4月) ということで、企業の『健康経営』ガイドブックが改訂されました ・健康経営の「評価 …

「組織活性化の取組み」

「組織活性化」の目的は、いつの時代も変わりません。企業の業績向上と従業員の幸せな関係を築くためです。 一方、「組織活性化」の手段は、事業環境の変化、価値観の多様性に応じて変えていかないと、「組織活性化」の目的は、達成でき …

「管理職が抱えている仕事ストレスの悩み」

管理職が抱えている仕事ストレスの悩みを5つに分類しました。 1.どうやってストレス要因を軽減すればよいのか? 2.どうやってストレス耐性を強化すればよいのか? 3.どのような職場環境にすればよいのか? 4.どうすれば疾病 …

「ダイバーシティ・マネジメントを考える」

ダイバーシティとは、「多様性」です。 「多様性」には、年齢、性別、国籍、人種、障がい、LGBT、雇用形態、ライフスタイル、そして、価値観があります。 ダイバーシティ・マネジメントとは、競争優位の源泉として活かすために組織 …

『”働き方改革”時代のリーダーシップ』

マネジャー研修の問合せがあり、以下のように答えました。 お勧めは、『”働き方改革”時代のリーダーシップ』研修です。 1.研修の背景 従来のリーダーシップだけでは、 事業環境の変化、働く人々の価値観の変化に対応できず、 優 …

1 2 3 10 »
PAGETOP

ストケンのストはストレスのスト、ストケンのケンは研究所のケンです。ストケン ブログをご愛読いただけたら幸いです。