株式会社ストレスマネジメント実践研究所は、プロジェクトのメンタルヘルス不調とパフォーマンス低下の未然防止に貢献します。
ストケンブログ
  • HOME »
  • ストケンブログ »
  • ストレスマネジメント

ストレスマネジメント

「リーダーシップと業務プロセスの関係」

状況に応じたリーダーシップが求められます。 特に部下の心理的・技術的な成熟度に対応したリーダーシップは、成熟度が増すにつれて、「任せる」ことを大切にします。 一方で、十分に成熟していない部下に対して「任せる」というのは、 …

「ストレス内容とメンタルヘルス対策」

平成28年「労働安全衛生調査(実態調査)」の概況からの抜粋です。 1.仕事や職業生活に関するストレス内容(トップ3) ・仕事の質・量(53.8%) ・仕事の失敗、責任の発生等(38.5%) ・対人関係(セクハラ・パワハラ …

「組織行動(組織における人間行動)と産業カウンセラーの役割」

組織行動(組織における人間行動)は、経営学修士(MBA)の必須科目です。 私が組織行動(組織における人間行動)に興味を持ったのは、2年前(2016年6月)に名古屋で開催された産業カウンセラーの 新シニア育成講座「グループ …

「技術イノベーションの変化に始まるコンピテンシーの変化」

PMI日本フォーラム2018(7月14~15日)に参加しました。 テーマが新しい潮流へのチャレンジ~境界を越えて~だけあって、 社会や経済の変化、技術イノベーションが市場を一変させる動きの中、プロジェクトマネジメントの役 …

「適度なストレスレベルが生産性を高める」

ヤーキーズ・ドットソンの法則は、ストレスレベルと生産性の関係を示しています。 生産性を高めるのは、適度なストレスレベルの時であり、だらだら退屈なストレスレベルでも、過剰なストレスレベルでもありません。 現場で注意しないと …

「組織活性化・推進プロジェクト」

顧問先の社長と組織活性化について議論する中で、「業務改善のコンサルティング」を「組織活性化・推進プロジェクト」に変更しました。 ~企業の業績向上と社員の幸せな関係を築くために~ 【目的】 1.業務プロセスを見直して生産性 …

「健康経営のメリット、組織活性化に取り組む目的」

企業の「健康経営」ガイドブック~連携・協業による健康づくりのススメ~(改訂第1版)によると、健康経営のメリットは、「長期的なビジョンに基づき、従業員の健康を経営課題としてとらえて健康経営に取組むということは、従業員の健康 …

「メンタルトレーニングとしての自律訓練法」

自律訓練法って何? 身心の状態を自分で調整するスキル(暗示)を習得するメンタルトレーニングです。 どんなトレーニングなの? ・決められた言葉(公式)を心の中でつぶやく ・ぼんやりとした注意ができる”コツ”をつかむ ・そし …

「プロジェクト・マネジャーのコンピテンシー」

組織を活性化するには、PDCAサイクルを上手に廻して、QCD目標を達成することが欠かせません。 PDCAを上手に廻すメソッドであるプロジェクトマネジメント知識体系ガイド(PMBOKガイド)が第6版に更新されましたので、第 …

「健康経営の認定」

健康経営の認定を調べたところ、4件がみつかりました。 ・健康経営銘柄 ・健康経営優良法人認定制度(大規模法人部門) ・健康経営優良法人認定制度(中小規模法人部門) ・横浜健康経営認証 認定基準は、それぞれ少しずつ異なりま …

1 2 3 15 »
PAGETOP

ストケンのストはストレスのスト、ストケンのケンは研究所のケンです。ストケン ブログをご愛読いただけたら幸いです。