株式会社ストレスマネジメント実践研究所は、プロジェクトのメンタルヘルス不調とパフォーマンス低下の未然防止に貢献します。
ストケンブログ
  • HOME »
  • ストケンブログ »
  • ストレスチェック制度

ストレスチェック制度

「働き方改革の制度を補完する人間的側面、業務マネジメント、技術が大切です」

働き方改革には、厚生労働大臣を本部長として設置された「長時間労働削減推進本部」があり、<働き方改革取組事例>を紹介していました。 「会社の目指す「社員の幸せ」のため、長時間労働の抑制、年次有給休暇の取得の促進、人材の確保 …

「『ストレスチェック集団分析にもとづく職場環境改善』が目指すレベル」

「H25年労働安全衛生調査(実態調査)」厚生労働省によると、 過去1年間にメンタルヘルス不調により連続1か月以上休職又は退職した労働者がいる事業所の割合は10.0%(H25年)でした。H24年の8.1%から1.9ポイント …

「ストレスチェック集団分析は、Plan, Do,がないPDCAサイクル?」

日本産業ストレス学会に参加しました(11月25日~26日、一橋講堂)。 タイトルが「最新情報をもとにストレスチェック時代のメンタルヘルス対策を考える」だったので、メンタルヘルス不調の未然防止に効果のあるストレスチェック制 …

「ストレスチェックの集団分析にもとづく職場改善。それどころではない?」

職場のメンタルヘルス対策などの勉強会、セミナーに参加すると企業の総務部門の方と多く知合います。そして、本音をちらほら聞くことができます。 これまでは、ストレスチェックにはネガティブな意見を持つ人も集団分析にもとづく職場改 …

「ストレスマネジメントしながらQuality, Cost, Deliveryの向上」

企業を取り巻く事業環境の変化に対応して、事業目標レベルは高くなっています。事業目標といえば、Quality, Cost, eliveryですが、Quality⇒品質⇒仕事の質、Cost⇒生産性⇒仕事の量、Delivery …

「ストレスチェック集団分析の結果を具体的な対策に繋げる」

10月27日(木)に開催された「こころの健康と経営戦略」フォーラムに参加しました。 ・ストレスチェックを健康経営に繋げるための戦略的な取組み。 ・生産性向上とメンタルヘルスのジレンマ。 ・ストレスチェックを”コスト”では …

「ストレスチェック結果の集団分析にもとづく職場改善。職場改善についての持論」

ストレスチェック結果の集団分析にもとづく職場改善は、ストレスチェック制度の努力義務ながらメンタルヘルス不調(うつ病)の未然防止に有効な対策だと言われています。 ところで職場改善とはどんな事でしょうか。職場改善について私の …

「ストレスチェック集団分析と上司支援の関係」

ストレスチェック集団分析の「仕事のストレス判定図」は、仕事の負担だけでなく、職場の支援もストレス要因として数値化しています。 職場の支援は、「上司の支援」と「同僚の支援」の2項目です。ストレスチェックの問いは2項目とも同 …

「職場のストレス要因とストレスチェック集団分析の関係」

職場のストレス要因は、人間関係、仕事のコントロール、役割上の葛藤、役割の不明確さ、仕事の量的負担、将来性の不安、要求に応えらえない悩み、など、さまざまです。 それに対して、ストレスチェック集団分析の仕事のストレス判定図の …

「ストレスチェック集団分析を職場環境改善に活用しましょう。でも簡単ではない。」

集団分析は努力義務ですが、ストレスチェックを既に実施した企業の半数以上が集団分析も実施しているようです。状況把握だけでなく、ストレスチェック制度の目的であるメンタルヘルス不調(うつ病)の未然防止に繋がる職場環境改善に活用 …

« 1 2 3 5 »
PAGETOP

ストケンのストはストレスのスト、ストケンのケンは研究所のケンです。ストケン ブログをご愛読いただけたら幸いです。