株式会社ストレスマネジメント実践研究所は、プロジェクトのメンタルヘルス不調とパフォーマンス低下の未然防止に貢献します。
ストケンブログ
  • HOME »
  • ストケンブログ »
  • ストレスチェック制度

ストレスチェック制度

「ポジティブメンタルヘルスの職場改善」

ストレスチェック集団分析を活用した職場改善はメンタルヘルス視点ですが、 ポジティブメンタルヘルスの職場改善の視点は、「いきいき活躍、生産性向上、目標達成」だと考えます。 そのため、職場の課題と目指す職場改善は、以下のよう …

「ポジティブメンタルヘルスを実践する」

「ポジティブメンタルヘルスを実践したいけど、どうしたらいいの?」というストレートな問合せがありました。 ちょうど、「ストレスチェック集団分析結果をもらったけど、職場改善はどうしたらいいの?」と重なるところがあり、根っこは …

「ストレスチェック制度の実施状況」

厚労省が「ストレスチェック制度の実施状況」を公表しました。(7月26日) ・ ストレスチェックを受けた労働者のうち、医師による面接指導を受けた労働者の割合は0.6%。 ・ ストレスチェックを実施した事業場のうち、78.3 …

「集団分析は、仕事のストレス要因と緩衝要因(上司など)を深堀して改善するためのヒント」

ストレスチェック集団分析は義務化ではありませんが、6割以上の職場が実施しており職場改善へ期待されています。 職場改善の対象は、職業性ストレスモデルの「仕事のストレス要因」と「緩衝要因(上司など)」ですが、集団分析結果が良 …

「ストレスチェック集団分析をワークモチベーション視点の職場改善へ」

EAP(Employee Assistance Program:メンタル面から社員を支援するプログラム)関連の2団体が主催した「ストレスチェック集団分析セミナー」に参加しました。 どちらの団体もストレスチェック集団分析を …

「働きやすい職場の実現を通じた生産性の向上」

厚生労働省のストレスチェック実施マニュアルには、以下のように記載されています。 メンタルヘルス不調の未然防止だけでなく、従業員のストレス状況の改善及び働きやすい職場の実現を通じて生産性の向上にもつながるものであることに留 …

「ストレスチェックの集団分析結果を読み解く」

ストレスチェックの集団分析結果は、現在の職場環境から目指す職場環境へ改善する手がかりを提供します。「仕事のストレス判定図」の2つのギャップに着目して集団分析を読み解くと、その手がかりに気づくかもしれません。 1.「健康リ …

「情報通信業のメンタルヘルス対策」

平成 25 年「労働安全衛生調査(実態調査) 」によると、メンタルヘルス不調により連続1か月以上休業または退職した労働者がいる事業所の割合が最も多い産業は「情報通信業」でした。 (平成25年ですが、厚労省の最新データです …

「ストレスチェック集団分析に基づく職場環境改善について」

ストレスチェック制度の集団分析は、仕事のストレス判定図を使うのが一般的です。 ストレスチェック(職業性ストレス簡易調査票)の質問項目の中から健康との関連が認められている 1.仕事の量的負担、2.仕事のコントロール、3.上 …

「既存の『メンタルヘルス対策のための職場環境改善』に学ぶ」

ストレスチェック制度が義務化されて1年が過ぎ、その関心は努力義務の集団分析に基づく職場環境改善にシフトしているように思います。(メンタルヘルス対策に有効なのは、職場環境改善の方ではないのか。いつ頃に義務化になるのだろうか …

1 2 3 5 »
PAGETOP

ストケンのストはストレスのスト、ストケンのケンは研究所のケンです。ストケン ブログをご愛読いただけたら幸いです。