株式会社ストレスマネジメント実践研究所は、プロジェクトのメンタルヘルス不調とパフォーマンス低下の未然防止に貢献します。
ストケンブログ
  • HOME »
  • ストケンブログ »
  • 生産性向上

生産性向上

『”働き方改革”時代のリーダーシップ』

マネジャー研修の問合せがあり、以下のように答えました。 お勧めは、『”働き方改革”時代のリーダーシップ』研修です。 1.研修の背景 従来のリーダーシップだけでは、 事業環境の変化、働く人々の価値観の変化に対応できず、 優 …

「”真摯さ”とは」

ピーター・ファーディナンド・ドラッカーさんの本を読むと”真摯さ”という言葉が出てきます。 前職の尊敬する先輩も時々使っていた言葉でした。 英語の”integrity”を”真摯さ”と訳しています。 ちなみに、integri …

「目指す成果に対応する目標達成スキル」

いきなりですが、皆さんに質問です。 「高い専門性をもつ人材」イコール「高い成果を出す人材」と言えるでしょうか? そうです。答えはNOです 「高い成果を出すためには、専門性を成果につなげる目標達成スキル」が不可欠です。 目 …

「企業の「健康経営」ガイドブックからの気づき」

経済産業省の「企業の「健康経営」ガイドブック ~連携・協働による健康づくりのススメ~ (改訂第1版)」を読みました。 健康経営とは、「従業員の健康維持・増進の取組が、将来的に収益性等を高める投資であるとの考えの下、健康管 …

「健康経営の長期的なビジョンに対する違和感」

健康経営とは、「企業が従業員の健康に配慮することによって、経営面においても 大きな成果が期待できる」との基盤に立って、健康管理を経営的視点から考え、 戦略的に実践することを意味しています。 健康経営の考え方は、その通りだ …

「TOC(Theory of Constraints)に学ぶ」

TOCクラブが開催する放課後セミナーの次回テーマは、「なぜTOCは働き方改革で劇的な効果をもたらすのか」です。 ちなみに、TOC(Theory of Constraints)とは、企業収益の鍵を握る「制約条件」にフォーカ …

「セルフ・キャリアドッグを会社の仕組みに活かす」

セルフ・キャリアドックは、労働者に、キャリアコンサルティング(労働者が主体的にキャリア・プラン(働き方や職業能力開発の目標や計画)を考え、それらに即して働こうとする意欲を高める相談)を定期的に提供する仕組みです。 定期的 …

「社会、経済、技術イノベーションの変化に始まる一連の変化」

PMI日本フォーラム2017(7月8~9日)に参加しました。 テーマがCHANGE&INNOVATIONだけあって、社会や経済の変化、技術イノベーションが市場を一変させる動きの中、プロジェクトマネジメントは従来よりも広が …

「過剰管理を捨てた生産性向上」

働き方改革の一つの大きなテーマとして、残業削減と「業務時間削減」が取り扱われています。同時に「生産性向上と人づくり」改革も一体的に取り組むことを政府は明らかにしました。 この改革自体は素晴らしいと思うので、改革を実現する …

「ダイバーシティ・マネジメント」

ダイバーシティ・マネジメントを考える機会を頂きました。 ダイバーシティとは、直訳すると「多様性」です。 ダイバーシティ・マネジメントとは、広く人材を活用することで生産性を高めようとするマネジメントです。 多様性は、年齢、 …

1 2 3 »
PAGETOP

ストケンのストはストレスのスト、ストケンのケンは研究所のケンです。ストケン ブログをご愛読いただけたら幸いです。