株式会社ストレスマネジメント実践研究所は、プロジェクトのメンタルヘルス不調とパフォーマンス低下の未然防止に貢献します。
ストケンブログ
  • HOME »
  • ストケンブログ »
  • メンタルヘルス

メンタルヘルス

「ダイバーシティ・マネジメントの多様性を受け入れる」

ダイバーシティ・マネジメントは、目に見える違い(身体的特徴、性別、年齢、人種など)、見に見えない違い(価値観、経験、学歴、スキルなど)、このように一人ひとりが違う個性(多様性)を受け入れることからスタートします。 簡単な …

「現場主体のメンタルヘルス対策」

産業カウンセラーの先輩が見せてくださったスクラップブックの中に11年前のA新聞”待ったなし、職場のメンタルヘルスケア”と、大きな見出しがありました。 現在はどうでしょうか。 Googleの検索に”待ったなし メンタルヘル …

「B=f(P,E)の法則、個人特性を考える」

人間のある時の行動(Behavior)は、その人の個人特性(Person)とその時の環境や状況(Environment)の関数(function)として捉えるべきである。(Lewin,K.) 社会心理学の父と呼ばれるレビ …

「平成28年度「過労死等の労災補償状況」」

厚生労働省から平成28年度「過労死等の労災補償状況」の公表がありました。 精神障害(うつ病など)に関する労災状況の全体件数は前年度から増加しています。 (請求件数は1,586件で前年度比71件増、支給決定件数は498件で …

「ストレスチェック制度の実施状況」

厚労省が「ストレスチェック制度の実施状況」を公表しました。(7月26日) ・ ストレスチェックを受けた労働者のうち、医師による面接指導を受けた労働者の割合は0.6%。 ・ ストレスチェックを実施した事業場のうち、78.3 …

「TOC(Theory of Constraints)に学ぶ」

TOCクラブが開催する放課後セミナーの次回テーマは、「なぜTOCは働き方改革で劇的な効果をもたらすのか」です。 ちなみに、TOC(Theory of Constraints)とは、企業収益の鍵を握る「制約条件」にフォーカ …

「セルフ・キャリアドッグを会社の仕組みに活かす」

セルフ・キャリアドックは、労働者に、キャリアコンサルティング(労働者が主体的にキャリア・プラン(働き方や職業能力開発の目標や計画)を考え、それらに即して働こうとする意欲を高める相談)を定期的に提供する仕組みです。 定期的 …

「B=f(P,E)の法則、ワーク・モチベーションを高める」

人間のある時の行動(Behavior)は、その人の個人特性(Person)とその時の環境や状況(Environment)の関数(function)として捉えるべきである。(Lewin,K.) 社会心理学の父と呼ばれるレビ …

「社会、経済、技術イノベーションの変化に始まる一連の変化」

PMI日本フォーラム2017(7月8~9日)に参加しました。 テーマがCHANGE&INNOVATIONだけあって、社会や経済の変化、技術イノベーションが市場を一変させる動きの中、プロジェクトマネジメントは従来よりも広が …

「過剰管理を捨てた生産性向上」

働き方改革の一つの大きなテーマとして、残業削減と「業務時間削減」が取り扱われています。同時に「生産性向上と人づくり」改革も一体的に取り組むことを政府は明らかにしました。 この改革自体は素晴らしいと思うので、改革を実現する …

« 1 2 3 4 11 »
PAGETOP

ストケンのストはストレスのスト、ストケンのケンは研究所のケンです。ストケン ブログをご愛読いただけたら幸いです。