株式会社ストレスマネジメント実践研究所は、プロジェクトのメンタルヘルス不調とパフォーマンス低下の未然防止に貢献します。
ストケンブログ
  • HOME »
  • ストケンブログ »
  • メンタルヘルス

メンタルヘルス

「ダイバーシティ・マネジメントを考える」

ダイバーシティとは、「多様性」です。 「多様性」には、年齢、性別、国籍、人種、障がい、LGBT、雇用形態、ライフスタイル、そして、価値観があります。 ダイバーシティ・マネジメントとは、競争優位の源泉として活かすために組織 …

「考え方のクセ」

極端すぎる考え方のクセは、自分を苦しめてストレス反応を引き起こす原因です。(極端でない考え方のクセは個性です) 考え方のクセは、以下です。 1.思い込み 自分が着目していることだけに目を向け、根拠が不十分なのに、正しいに …

『”働き方改革”時代のリーダーシップ』

マネジャー研修の問合せがあり、以下のように答えました。 お勧めは、『”働き方改革”時代のリーダーシップ』研修です。 1.研修の背景 従来のリーダーシップだけでは、 事業環境の変化、働く人々の価値観の変化に対応できず、 優 …

「働き方改革を支える労働生産性向上」

働き方改革と一緒にニュースなどのメディアから頻繁に聞こえてくる課題が、労働生産性向上です。 労働生産性向上の取り組みは、別に働き方改革でなくてもこれまでもやってきていることだし、これ以上どうしろと言うの。という現場の声も …

「職場問題の総合診療科」

医療の総合診療科に関するTV番組を時々、見かけます。 総合診療科とは、医療における診療科のひとつで、あまりにも専門化・細分化しすぎた現代医療の中で、全人的に人間を捉え、特定の臓器・疾患に限定せず多角的に診療を行う部門。 …

「ストレス対処法の4つのアプローチを組合わせる」

職場のメンタルヘルス研修では、よく4つのアプローチが紹介され、 できるところからアプローチしてください。と言われます。 ・行動からのアプローチ ・感情からのアプローチ ・思考からのアプローチ ・身体からのアプローチ この …

「パワーハラスメントと指導について」

パワーハラスメント対策に関する勉強会に参加しました。 パワーハラスメントには主に6つの行為類型があります。 1.身体的な攻撃 2.精神的な攻撃 3.人間関係からの切り離し 4.過大な要求 5.過小な要求 6.個の侵害 1 …

「フォロワーシップ理論の現場実践」

フォロワーシップ理論は、メンバー(部下)の望ましい役割行動の2軸を挙げ、それをバランスよく発揮することを提唱しています。 ・リーダー(上司)の指示に従って組織目標の達成に積極的にまい進する「貢献力」 ・必要な場合は諫言も …

「スナップカップ®説明会」

明日、スナップカップ®説明会に参加します。 スナップカップ®は、「人と組織を活性化することができる」チームビルディングのメソッドです。 社員・部下との人間関係に悩んでいませんか? 会社や部署を活性化して、成果をあげたいと …

「メンタルヘルス不調の未然防止」

プロジェクト・リスク・マネジメントのリスクの特定は、どのリスクがプロジェクトに影響を与えるかを見定めるプロセスです。 どのような観点でリスクを特定するかがプロジェクトマネジャーの技量になるかもしれません。 QCDの観点だ …

« 1 2 3 4 14 »
PAGETOP

ストケンのストはストレスのスト、ストケンのケンは研究所のケンです。ストケン ブログをご愛読いただけたら幸いです。