株式会社ストレスマネジメント実践研究所は、プロジェクトのメンタルヘルス不調とパフォーマンス低下の未然防止に貢献します。
ストケンブログ
  • HOME »
  • ストケンブログ »
  • メンタルヘルス

メンタルヘルス

「ネガティブな認知をポジティブな認知に自分で変えるセルフケア」

ネガティブな認知の3要素は以下です。 1.自己に対する否定的概念 「課長から主任に降格させられた、私は人生の落伍者だ」 2.世界・体験に対する否定的解釈 「こんなに成果を出しているのに、どうして上司は認めてくれないのだろ …

「ストレスチェックの集団分析」

ストレスチェックの結果を職場ごとに集団分析することは、ストレスチェック制度の努力義務になっています。 努力義務ですが、集団分析を上手く活用して職場環境を改善してほしいと思っています。 「仕事のストレス判定図」を使った集団 …

「カウンセリングのタイミング」

「疲れているけど私が休むと仲間に迷惑をかけてしまうので、休めない。でも、そろそろ限界かな。」 「こんなにたくさん出来っこない。でも面倒だからとりあえず出来ると言って。後から怒られよう。でも、なんか違っているような」 「プ …

「PMBOKにもあるプロジェクト・マネージャーの傾聴スキル」

久しぶりにプロジェクトマネジメント知識体系ガイド(PMBOKガイド)を読みなおしました。今だから気づいた内容を紹介したいと思います。 ちなみに、PMBOK(Project Management Body of Knowl …

「ストレッサー管理職の指導を託された上司は」

厚生労働大臣が定めた「事業場における労働者の健康保持増進のための指針(THP指針)」に掲げる心理相談専門研修を受講しました。 職場メンタルヘルス不調の未然防止の当事者は事業部ですが、それを支援する産業保健スタッフの心理相 …

「人を大切にする経営の優先順位を下げない経営」

「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞の応募資格に触発されてブログを書きます(応募資格の内容は後ほど) 10年前から「待ったなし!職場のメンタルヘルスケア」と言われながら、精神障害に関する労災件数は過去最多(497件/H …

「パワハラを後悔しないために」

前回のストケンブログでは『人格や人間性を否定するような言動』をパワハラだと理解するのが良い。暴行は論外。と述べました。 やってはいけないとわかっていても実際の現場では『人格や人間性を否定するような言動』により部下の心を傷 …

「何をもってパワハラになるのか」

会社経営者とメンタルヘルスの未然防止について話をするなかで、「何をもってパワハラになるのか」という質問を時々受けます。 確かに労災事案には精神科医の合議判断になるものもあり明確な回答は難しいのですが、厚生労働省の「業務に …

「ストレスチェック制度の集団分析を必ず実施する健康経営」

「日経BP健康経営フォーラム(3月1日)」に参加申込みをしていたものの、都合が悪くなり参加できませんでした。しかしながら、そのフォーラム関係者が健康経営について意見交換をしようとアクセスしてくれたので、90分ほど話をしま …

「心理カウンセラーのボランティア」

熊本の皆さん、心からお見舞い申し上げます。 少しでも励みになればと思い送ったメールなのに、皆さんから頂いた返信メールの気丈な内容に私の方が元気をもらっています。ありがとうございます。 微力ではありますが、避難所での生活を …

« 1 11 12 13 14 »
PAGETOP

ストケンのストはストレスのスト、ストケンのケンは研究所のケンです。ストケン ブログをご愛読いただけたら幸いです。