株式会社ストレスマネジメント実践研究所は、プロジェクトのメンタルヘルス不調とパフォーマンス低下の未然防止に貢献します。
ストケンブログ
  • HOME »
  • ストケンブログ »
  • 人間関係

人間関係

「メンタルヘルス不調の未然防止」

プロジェクト・リスク・マネジメントのリスクの特定は、どのリスクがプロジェクトに影響を与えるかを見定めるプロセスです。 どのような観点でリスクを特定するかがプロジェクトマネジャーの技量になるかもしれません。 QCDの観点だ …

「プロジェクトマネジメントの人間関係のスキル」

職場のストレス要因の第一位は人間関係です(20年以上) このストレス要因を上手にマネジメントする技法がないかとプロジェクトマネジメント知識体系ガイド(PMBOKガイド)を開いてみました。 ステークホルダー・エンゲージメン …

「ワーク・エンゲイジメントを探る」

ワーク・エンゲイジメントという響きが良くて、ネットで調べてみました。 ワーク・エンゲイジメントの高い人はストレスが低くなる一方、仕事の満足度やパフォーマンスは向上します。 「ワーク・エンゲイジメント」とは、従業員の心の健 …

「ポジティブメンタルヘルスを実践する」

「ポジティブメンタルヘルスを実践したいけど、どうしたらいいの?」というストレートな問合せがありました。 ちょうど、「ストレスチェック集団分析結果をもらったけど、職場改善はどうしたらいいの?」と重なるところがあり、根っこは …

「パワハラと指導回避を防ぐ知識とスキル」

9月16~17日に「ハラスメント防止の研修」を受講しました。 ハラスメントの背景、労働法、裁判例、メンタルヘルスとの関係など、多岐にわたる内容を学びました。 特に重要だと思ったのは、3件です。 ・上司は指導のつもり、部下 …

「ダイバーシティ・マネジメントの多様性を受け入れる」

ダイバーシティ・マネジメントは、目に見える違い(身体的特徴、性別、年齢、人種など)、見に見えない違い(価値観、経験、学歴、スキルなど)、このように一人ひとりが違う個性(多様性)を受け入れることからスタートします。 簡単な …

「イクボスについて考える」

ダイバーシティ・マネジメントの宿題をしている途中で、イクボスに必要なスキルについて問合せがありました。 「イクボスとは」をネット検索してみるとたくさんありました。その中でもっとも共感したのは、以下でした。 「イクボス」と …

「B=f(P,E)の法則、個人特性を考える」

人間のある時の行動(Behavior)は、その人の個人特性(Person)とその時の環境や状況(Environment)の関数(function)として捉えるべきである。(Lewin,K.) 社会心理学の父と呼ばれるレビ …

「日ごろから部下に関心を持ち、話しやすい関係や雰囲気づくり」

メンタルヘルスのラインケアを振り返る機会があり、改めて「部下に関心を持つ」ことの大切さを考えました。 ラインケアは、労働安全衛生法に基づく「労働者の心の健康の保持増進のための指針」により義務づけられた「4つのメンタルヘル …

PMには「イクボス」かつ「高い成果」が求められています。”かつ”がポイント。

PMI(米国プロジェクトマネジメント協会)の日本支部が主催する2017年6月度 月例セミナーは、「イクボスが増えればプロジェクトは変わる 」です。月例セミナーのテーマとは思えない新鮮さがあり、PMの価値の変化に共感します …

1 2 3 4 »
PAGETOP

ストケンのストはストレスのスト、ストケンのケンは研究所のケンです。ストケン ブログをご愛読いただけたら幸いです。