株式会社ストレスマネジメント実践研究所は、プロジェクトのメンタルヘルス不調とパフォーマンス低下の未然防止に貢献します。
ストケンブログ
  • HOME »
  • ストケンブログ »
  • 人間関係

人間関係

「2W1Hが不十分だと不満を感じる」

相手の立場になって、改めて気づくことがありました。 それは、2W1Hの大切さです。 メンタルヘルス対策を学ぶ機会があったのですが、 What(何をするのか)は明確、 Why(なぜするのか)は、表面的、 How(どのように …

「マネジメントとリーダーシップ」

プロジェクトマネジメント知識体系ガイド(PMBOKガイド)を読みなおす機会が増えました。 プロジェクト・マネジャーのコンピテンシーにあるマネジメントとリーダーシップの比較には、リーダーシップ行動を考えるヒントがあります。 …

「その時の環境や状況(Environment)を誰かが良い方向に変える」

社会心理学の父と呼ばれるレヴィンさんの法則が、私は好きです。 B=f(P,E)の法則 人間のある時の行動(Behavior)は、その人の個人特性(Person)とその時の環境や状況(Environment)の関数(fun …

「人間関係のスキル・アップ」

ストレスチェックに「私の部署と他の部署とは、うまが合わない」という項目があります。 うまが合わない。というストレスチェックの表現が妥当かどうかは別にして、関係部門、関係者との良好でない関係は大きなストレス要因です。 また …

「30年前、職場にうつ病とかメンタルヘルス問題はなかった」

所属している異業種交流会の重鎮から以下に対する見解を求められました。 「30年前、職場にうつ病とかメンタルヘルス問題はなかった。何がおかしくなったんだ?」 私なりの持論だと、前置きして話をさせていただきました。 1.経済 …

「リーダーシップと業務プロセスの関係」

状況に応じたリーダーシップが求められます。 特に部下の心理的・技術的な成熟度に対応したリーダーシップは、成熟度が増すにつれて、「任せる」ことを大切にします。 一方で、十分に成熟していない部下に対して「任せる」というのは、 …

「組織行動(組織における人間行動)と産業カウンセラーの役割」

組織行動(組織における人間行動)は、経営学修士(MBA)の必須科目です。 私が組織行動(組織における人間行動)に興味を持ったのは、2年前(2016年6月)に名古屋で開催された産業カウンセラーの 新シニア育成講座「グループ …

「健康経営のメリット、組織活性化に取り組む目的」

企業の「健康経営」ガイドブック~連携・協業による健康づくりのススメ~(改訂第1版)によると、健康経営のメリットは、「長期的なビジョンに基づき、従業員の健康を経営課題としてとらえて健康経営に取組むということは、従業員の健康 …

「働き方改革がもたらす職場への影響」

長時間労働の抑制、女性活躍の推進など、働き方改革がもたらす職場への影響は、たくさんありますが、現場のマネジメント観点では、価値観の多様性が受容される、歓迎される、活用されることが主流になったことだと考えます。 そのため、 …

「ダイバーシティ・マネジメントを考える」

ダイバーシティとは、「多様性」です。 「多様性」には、年齢、性別、国籍、人種、障がい、LGBT、雇用形態、ライフスタイル、そして、価値観があります。 ダイバーシティ・マネジメントとは、競争優位の源泉として活かすために組織 …

1 2 3 6 »
PAGETOP

ストケンのストはストレスのスト、ストケンのケンは研究所のケンです。ストケン ブログをご愛読いただけたら幸いです。