株式会社ストレスマネジメント実践研究所は、プロジェクトのメンタルヘルス不調とパフォーマンス低下の未然防止に貢献します。
  • 株式会社ストレスマネジメント実践研究所

プロジェクトのストレスマネジメントを実践するマネージャーを育成します

「プロジェクトのストレスマネジメント」は、個人心理とプロジェクト事情の相互関係から過剰ストレスを捉えます。そして過剰ストレスを顕在化させ、未然防止するようにプロジェクトマネジメント(ステークホルダ、人的資源、コミュニケーション)とプロジェクト環境(体制、しくみ、経営)を改善します。

株式会社ストレスマネジメント実践研究所 代表取締役 北尾一郎

プロジェクト現場のストレス要因、このような経験はありませんか。

Case1
<ストレス要因>
度重なるスポンサーへの説明に疲れてしまい、実現するシナリオがないまま、もういいやと要求日程、要求コスト通りの開発をコミットメントしそうになった。↓プロジェクト現場の心理に基づくプロジェクト環境(しくみ)改善により過剰ストレスを低減できます。

 

Case2
<ストレス要因>
クリティカルパスの設計遅延発生、リカバリーのためプロジェクトのエースに助っ人を兼務させようかと思ったが、オーバーワークによるメンタルヘルス不調のリスクが心配になり断念。外部からのリソース確保に動いているがスキルマッチせず、目途が立たないまま2週間が過ぎた。↓情動焦点コーピング (※1) を支援する プロジェクトマネジメントによりメンタルヘルス不調のリスクを低減できます。
※1 情動焦点コーピング・・・ストレッサーそのものに働きかけるのでなく、ストレッサーに対する本人の考え方や感じ方を変えようとする対処行動

 

Case3
<ストレス要因>
上司からは安い商談は受けるな。強気で価格交渉しろ。と言われ、営業部門からはこの商談はロストできないのでこの価格で受注してくれ。と言われ、社内整合できずに1か月が過ぎた。プロジェクトマネジャーとしては、営業部門の顧客交渉、他社との競争関係から営業部門の今の価格で社内整合したいが上司は承認しないどころかプロジェクトが前に進まない状況に苛立つ。↓問題焦点コーピング (※2) を支援するプロジェクトマネジメントにより過剰ストレスを低減できます。
※2 問題焦点コーピング・・・ストレッサーそのものに働きかけて、ストレッサー自体を変化させて解決を図ろうとする対処行動

 

無料相談受付中!!

ストケンブログ

「技術イノベーションの変化に始まるコンピテンシーの変化」

PMI日本フォーラム2018(7月14~15日)に参加しました。 テーマが新しい潮流へのチャレンジ~境界を越えて~だけあって、 社会や経済の変化、技術イノベーションが市場を一変させる動きの中、プロジェクトマネジメントの役 …

「適度なストレスレベルが生産性を高める」

ヤーキーズ・ドットソンの法則は、ストレスレベルと生産性の関係を示しています。 生産性を高めるのは、適度なストレスレベルの時であり、だらだら退屈なストレスレベルでも、過剰なストレスレベルでもありません。 現場で注意しないと …

「組織活性化・推進プロジェクト」

顧問先の社長と組織活性化について議論する中で、「業務改善のコンサルティング」を「組織活性化・推進プロジェクト」に変更しました。 ~企業の業績向上と社員の幸せな関係を築くために~ 【目的】 1.業務プロセスを見直して生産性 …

「健康経営のメリット、組織活性化に取り組む目的」

企業の「健康経営」ガイドブック~連携・協業による健康づくりのススメ~(改訂第1版)によると、健康経営のメリットは、「長期的なビジョンに基づき、従業員の健康を経営課題としてとらえて健康経営に取組むということは、従業員の健康 …

「メンタルトレーニングとしての自律訓練法」

自律訓練法って何? 身心の状態を自分で調整するスキル(暗示)を習得するメンタルトレーニングです。 どんなトレーニングなの? ・決められた言葉(公式)を心の中でつぶやく ・ぼんやりとした注意ができる”コツ”をつかむ ・そし …

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP

ストケンのストはストレスのスト、ストケンのケンは研究所のケンです。ストケン ブログをご愛読いただけたら幸いです。