株式会社ストレスマネジメント実践研究所は、プロジェクトのメンタルヘルス不調とパフォーマンス低下の未然防止に貢献します。
  • 株式会社ストレスマネジメント実践研究所

プロジェクトのストレスマネジメントを実践するマネージャーを育成します

「プロジェクトのストレスマネジメント」は、個人心理とプロジェクト事情の相互関係から過剰ストレスを捉えます。そして過剰ストレスを顕在化させ、未然防止するようにプロジェクトマネジメント(ステークホルダ、人的資源、コミュニケーション)とプロジェクト環境(体制、しくみ、経営)を改善します。

株式会社ストレスマネジメント実践研究所 代表取締役 北尾一郎

プロジェクト現場のストレス要因、このような経験はありませんか。

Case1
<ストレス要因>
度重なるスポンサーへの説明に疲れてしまい、実現するシナリオがないまま、もういいやと要求日程、要求コスト通りの開発をコミットメントしそうになった。↓プロジェクト現場の心理に基づくプロジェクト環境(しくみ)改善により過剰ストレスを低減できます。

 

Case2
<ストレス要因>
クリティカルパスの設計遅延発生、リカバリーのためプロジェクトのエースに助っ人を兼務させようかと思ったが、オーバーワークによるメンタルヘルス不調のリスクが心配になり断念。外部からのリソース確保に動いているがスキルマッチせず、目途が立たないまま2週間が過ぎた。↓情動焦点コーピング (※1) を支援する プロジェクトマネジメントによりメンタルヘルス不調のリスクを低減できます。
※1 情動焦点コーピング・・・ストレッサーそのものに働きかけるのでなく、ストレッサーに対する本人の考え方や感じ方を変えようとする対処行動

 

Case3
<ストレス要因>
上司からは安い商談は受けるな。強気で価格交渉しろ。と言われ、営業部門からはこの商談はロストできないのでこの価格で受注してくれ。と言われ、社内整合できずに1か月が過ぎた。プロジェクトマネジャーとしては、営業部門の顧客交渉、他社との競争関係から営業部門の今の価格で社内整合したいが上司は承認しないどころかプロジェクトが前に進まない状況に苛立つ。↓問題焦点コーピング (※2) を支援するプロジェクトマネジメントにより過剰ストレスを低減できます。
※2 問題焦点コーピング・・・ストレッサーそのものに働きかけて、ストレッサー自体を変化させて解決を図ろうとする対処行動

 

無料相談受付中!!

ストケンブログ

「仕事を円滑に進めチーム生産性を向上するマネジメント」

お世話になっている社長さんから、「仕事を円滑に進めチーム生産性を向上するマネジメント」の大切な要素はなんだろう。と問われ、とりあえず10個考えてみました。 ・目標設定 ・目標達成シナリオ ・目標管理 ・原因分析 ・当事者 …

「組織マネジメントの鍵を握る目標について」

OKR(Objectives Key Results)を知りました。 OKRとは、目標(Objectives)と主要な結果(Key Results)を柱とする経営管理手法のことです。 詳細を語るほど理解はできていませんが …

「上司が抱えるプレッシャーに寄り添う」

コンサルティング・サービスの一つとして「なんでも相談」をしています。相談を受けながら、逆に学びをもらうことも少なくありません。 上司への不満がありました。 「上司の社会性と技術力は認めている。でも、自分の思い通りに事が進 …

「パワハラが発生する原因」

パワハラが発生する原因は、大きくわけて3つの要因があります。 1.加害者要因 ・過剰ストレスのため通常の判断ができず ・固定的な価値観(権力の誇示、完璧主義など) ・コミュニケーションの世代間ギャップ 2.被害者要因 ・ …

「問題のとらえ方」

問題のとらえ方とその姿勢によって解決すべき課題やその後の行動も変わってきます。ひいては仕事の成果につながります。 問題のとらえ方は、次の2つが大切です。 1.問題を表面的に捉えず、原因を分析すること 2.原因を分析する観 …

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP

ストケンのストはストレスのスト、ストケンのケンは研究所のケンです。ストケン ブログをご愛読いただけたら幸いです。